豊富な許可申請の経験による、正確でスピーディーな手続き
申請書類作成から営業所調査立ち会いまでフットワーク軽く対応
社労士事務所併設なので社会保険&助成金も安心確実にサポート
許可取得後の融資、採用、助成金、節税にもワンストップ対応
「みえ企業成長塾」へのご招待、ビジネスパートナーのご紹介

三重県で建設業許可申請を検討中の皆様へ

「三重県建設業許可サポートセンター」のホームページをご覧いただきまして、
ありがとうございます。
私どもでは、鈴鹿市、四日市市、津市を中心に、
三重県全域と、 愛知県の皆様の建設業許可申請、開業後のサポートをさせていただいております。
地元三重県での豊富な許可申請の経験に基づき正確でスピーディーな手続きに心がけ、 許可取得後の採用、助成金、融資、節税にもワンストップで対応させていただきます。
三重県で建設業許可申請を検討中の方は、お気軽にお声がけください。


代表あいさつ

代表写真

行政書士事務所ナデック

代表行政書士 小岩 広宣 (こいわ・ひろのり)

好きな言葉 人間とは、その人が今までの人生で出会った、 すべての人の総和である。

好きな本 「ビジョナリーカンパニー」「はじめの一歩を踏み出そう」「何のために働くのか」「全脳思考」など

モータースポーツの街・鈴鹿市に生まれ、天に響くF1の快音の中で育ちました。 小学校の頃に父親が脱サラし、建設関係の会社を創業。長男であったことから、総務部門の仕事を手伝い、若くして中小企業の現場を知りました。 見ず知らずの会社で経験を積みたくて数年のサラリーマン生活を経て、 独立起業の道を選択。 29歳のとき、地元の中小企業のお役に立ちたいとの思いから社会保険労務士として独立。 税理士、司法書士、保険会社などと地域密着型のネットワークを作り、年間約100社を支援しています。 地元でさらに幅広いサポートを行いたいと考え、40歳で行政書士の資格を取得。 行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスを活かした業務を行っており、会社設立、建設業許可等の許認可のほか、創業融資や助成金のサポート、きめ細かな対応の労務顧問にも定評があります。 私の今までの経験と知識を活かして、少しでも地元の建設業の皆様のお力になれればという思いで、日々の業務に取り組んでいます。 行政書士と社会保険労務士の業務を通じて、地元三重県の中小企業の発展に微力ながら貢献できるように、素直な気持ちで勉強を続け、誠心誠意、毎日の仕事に向き合いたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

建設業許可のメリットとは?

メリットその1500万円以上の工事が受注できる

建設業許可を取得しないと、請負金額500万円(建築一式工事では1,500万円)以上の工事を請け負うことができません。建設業許可を受けないでこれらの工事を受注することは法律違反になるため、そもそも事業を継続することができません。

メリットその2お客様からの信頼性が高まる

難しい許可要件をクリアした上で厳格な手続きを取ることで得られる建設業許可ですから、許可を取得することで対外的な信用力もグンと高まります。実際にホームページや名簿などで建設業の許可番号を事前チェックした上で、工事を発注するかどうかを決める元請企業も多いものです。

メリットその3大手ゼネコンの現場に入れる

大手ゼネコンとの取引関係の中で仕事をするためには、請負工事の金額の大小に関わらず建設業許可を求められるものです。500万円未満の「軽微な工事」の場合は本来は必ずしも必須条件ではありませんが、建設業許可を取得することでゼネコンや関係企業の工事にも出入りできるようになり、取引の幅が広がるケースもあります。

メリットその4金融機関の評価が高まる

建設業許可を取得することは、銀行や信用金庫などの金融機関からの評価を高めることにも結び付きます。 金融機関は建設業許可の取得を建設会社の事実上の評価の一要素としているため、融資審査にあたっての交渉や条件が有利になるケースもあります。


建設業許可取得は難しい!!

許可要件がとても厳しい!

世の中には、運送業、宅建業、派遣業、介護事業など許認可が必要な事業がたくさんありますが、
建設業はそれらの許認可の中でも特に許可要件が厳しい部類になります。 かなりハードルの高い許可要件に基づいて厳しくチェックされるため、 状況によってはなかなか許可取得に至らないケースが多いのも現実です。

相当な手間と時間がかかる!

長年に渡って建設業界を経験されている方でも、建設業許可申請を一からすべてご自身で手続きされる方は稀だったりします。 周到な調査と準備を重ねて何十枚もの書類を完成させる必要がある上に、 その後は役所とのやりとりに相当の時間を要することになるため、 お忙しい経営者や実務家の方自らが担当されるのは得策ではありません。

建設業に関する手続きは、専門家である
行政書士事務所ナデックにお任せ下さい!


建設業許可をナデックにご依頼いただく
3つのメリット

その1 許可取得のための要件診断は無料で行います!

建設業許可にはとても厳しい許可要件がありますが、お客様がその要件に該当されているかどうかの要件診断を当事務所が無料で行います。要件に該当されていない場合は「どのように改善したら許可が取得できるのか?」といった現実的なアドバイスもさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

その2 営業所調査立ち会いまでサポートします!

建設業許可申請にあたっては、申請書一式を作成して役所に提出した後、
営業所の調査が行われ、経営業務管理責任者、営業所の代表者、専任技術者のほか、
営業所の実態について必要要件を備えているかどうかが確認されることになります。
当事務所では従来の実績を活かして調査立ち会いにも安心確実にサポートさせていただきます。

その3 許可取得後のアフターフォローも万全です!

お客様が建設業許可を取得されるのは建設業の事業の発展のためですから、
許可証を手にすることはあくまでスタートラインに立たれたに過ぎません。
当事務所では、建設業の皆様へのご支援の経験に基づいて、事業年度終了報告書や許可更新はもとより、採用や助成金、融資や節税も含めてワンストップで対応させていただきます。


サービス・料金情報

サービス名称 申請先 区分 料金 (税別)
建設業許可(新規)コース
知事
一般
120,000円
特定
120,000円
大臣
一般
180,000円
特定
180,000円
業種追加
知事
一般
70,000円
特定
70,000円
大臣
一般
100,000円
特定
100,000円
許可更新
知事
一般
70,000円
特定
70,000円
大臣
一般
100,000円
特定
100,000円
決算変更届
40,000円
役員
商号
資本金
代表者変更
30,000円
経営事項審査申請
知事
150,000円
大臣
180,000円

業務対応地域

【三重県】 鈴鹿市、津市、四日市市、亀山市、桑名市、いなべ市、松阪市、伊賀市、名張市、伊勢市、鳥羽市、志摩市、尾鷲市、熊野市、菰野町、川越町、朝日町、東員町、木曽岬町、明和町、玉城町、多気町、度会町、南伊勢町、大台町、大紀町、紀北町、御浜町、 紀宝町

【愛知県】 名古屋市、弥富市、津島市、愛西市、東海市、知多市、大府市、蟹江町、七宝町、大治町、甚目寺町、飛鳥村


建設業許可票、プレゼント中!

建設業許可票プレゼント

※建設業の許可票(事務所用)枠なし   板寸:450×400㎜ 表示面:410×360㎜


お問い合わせ

お問い合わせバナー