「実務経験」が認められない場合

専任技術者については、基本的には取ろうとする業種について、特定の資格もしくは実務経験を持っていることが必要となります。

 

ただし、電気工事及び消防施設工事については、電気工事士免状、消防設備士免状の交付を受けた者等でなければ一定の工事に直接従事できないことになっています。

 

 

 

したがって、上記の2業種については、他の業種のような「実務経験」は認められませんので、基本的には免状の交付を受けていない状態では要件を満たさないことになります

 

このあたりに関しては、実態に即したケースバイケースの対応が求められることになりますので、特に電気工事及び消防施設工事の専任技術者に関しては注意していただく必要があります。

 

 

 

 

 

otoiawase