そもそも建設業許可とは?

建設業とは建設工事の完成を請け負う営業のことをいい、建設工事を請け負うためには建設業許可が必要となります。

 

この許可には、元請、下請または個人、法人の別は関係なく建設業法に基づいて、28の業種ごとに建設業許可を受けなければなりません

 

ただし、法令で定められた「軽微な工事」(=工事の請負代金が500万円に満たないもの)については、建設業許可を取得する必要はありません。

 

建設業許可を取得するためには、人的な要件や財産的な要件など一定の要件をクリアする必要があります。

 

建設業許可を取得するにはメリットもたくさんあり、取引先からの信頼が得られるほか、銀行などの対外的な信用力が増すことになります。

 

 

 

 

 

「軽微な工事」とは?

 

イ)建築一式工事の場合

①工事1件の請負代金が1,500万円(消費税込み)未満の工事
または

➁請負代金の額にかかわらず延べ床面積が150㎡未満の木造住宅の工事

 

ロ)建築一式工事以外の工事の場合

工事1件の請負代金が500万円(消費税込み)未満の工事

 

 

 

 

 

「手間請け」の場合は?

 

ただし、注文者が材料を支給するいわゆる「手間請け」のような請負の形式をとった場合には、請負金額は「材料費も含んだ金額」となりますので注意する必要があります。

 

つまりは、特段の契約がないかぎりは工事に必要な材料は請負人が自ら調達するというのが、建設業の基本的な考え方となります。

 

 

 

 

 

 

otoiawase