専任技術者の「実務経験」とは?

専任技術者の「実務経験」とは、許可を受けようとする業種に関して「技術上の経験」を持っていることをいいます。

 

「技術上の経験」とは、建設工事の施工を指揮したり、監督した経験や、実際に建設工事の施工に携わった経験のことです。

 

この経験には、請負人としての経験だけでなく、建設工事の注文者として設計に従事した経験や、現場監督技術者として施工に携わった経験も含みます。

 

 

 

 

ただし、工事現場における単なる雑務や事務の仕事に関する経験は含まれません

 

現場で作業に従事していても、建設工事について指揮、監督、施工に関わっていない場合には、専任技術者としての経験とは認められませんので、注意する必要があります。

 

 

 

 

 

otoiawase