建設工事の種類で迷うものは?

建設業許可は28業種に分類されていますが、これは必ずしも整然と分けられるものではなく、現実には区分に迷ってしまうものも少なくありません。

 

その具体例を挙げると、以下のようなものがあります。

 

 

 

 

 

「鉄骨工事」

鋼構造物工事における「鉄骨工事」とは、鉄骨の製作、加工から組立てまで一貫して請負う工事をいいます。

 

鉄骨の加工のみ、あるいは組立てのみの工事は基本的には該当しませんので、注意する必要があります。

 

 

 

 

 

「ガードレール設置工事」

コンクリートほ装された上に人工芝を張り付ける工事も舗装工事に該当します。

 

ただし、ほ装工事に併せて施工されるガードレール設置工事は、「とび・土工・コンクリート工事」に該当します。

 

 

 

 

 

「機械器具設置工事」

「機械器具設置工事」は、それぞれの専門の機械器具(「電気工事」「管工事」「電気通信工事」「消防施設工事」等)に該当しない機械器具や複合的な機械器具を対象とします。

 

そのため、例えば、建築物の中に設置される通常の空調機器の設置工事は、「管工事」に該当します。

 

 

 

 

 

 

otoiawase