建設業許可の「業種追加」とは?

「業種追加」とは、すでにある業種で建設業許可を受けているときに、さらの別の業種で許可を受けることをいいます。

 

たとえば、大工工事の一般建設業許可を受けている会社が、さらに内装仕上工事の許可を取る場合がこれにあたります。

 

 

 

 

ただし、「一般」建設業許可を受けているときに、「特定」建設業許可を受ける場合は「業種追加」にはあたらず、「新規許可」の扱いになります。

 

 

(例) 「一般」建設業許可 大工工事  →  「特定」建設業許可 内装仕上工事

    「一般」建設業許可 大工工事  →  「特定」建設業許可 大工工事

 

 

上記はいずれの場合も、「新規許可」を受けなければなりません。

 

 

 

 

許可更新と業種追加

 

5年に1回の許可更新の際に、「せっかくだから、新たな業種を追加しよう」というケースもありますが、この場合は許可更新と「業種追加」を併せて行うことになります。

 

許可更新と業種追加とは提出書類が重複する部分があるため同時に行った方が効率的となりますが、許可更新は許可満了日の30日前までに提出する必要があります。

 

 

 

 

そのため、業種追加を検討したりタイミングを考えているうちに、許可更新を行うべき期間満了日が到来してしまい、書類作成や関係資料の準備に要する期間が足らなくなるケースもあります。

 

そのようなことのないよう、できるだけ早い段階で専門家等にご相談いただきたいものです。

 

 

 

 

 

otoiawase