建設業の労働保険(年度更新)の申告は?

sinnki4-2毎年6月から7月にかけては、労働保険料の申告の時期になります。労働保険とは労災保険と雇用保険の総称のことですが、4月1日から3月31日までの年度単位で保険料を計算し、毎年6月1から7月10日までの間に申告することになります。

 

 

建設業の場合は、労働保険の「二元適用事業」といい、労災保険を「労働基準監督署」に、雇用保険を「公共職業安定所(ハローワーク)」に申告納付することになります。一般の事業である「一元適用事業」で労災保険・雇用保険ともに「労働基準監督署」に申告納付するのとは大きくルールが異なります。

 

 

 

 

また、建設現場の労災保険とは切り離して「事務所労災」を適用させたり、保険料の計算にあたっても「労務費率」で計算する」方法と実際の請負金額で計算する方法があり、年度内に行われた工事をまとめて保険料を申告納付する「一括有期事業」という仕組みもあります。

 

 

製造業やサービス業のような「一元適用事業」とはルールが異なるため、「二元適用事業」である建設業の年度更新はかなり複雑で煩雑な部分があります。

 

労働保険料は国税や地方税に準じた公租公課であり、厳格な申告期限があることはもとより、建設業の経営全般や経営事項審査などにも大きな影響があります

 

 

建設業の労働保険の申告(年度更新)のことなら、建設業の専門行政書士で地元三重での社労士法人を併設する私どもまでお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

otoiawase