建設業許可の「許可更新」とは?

建設業許可には、5年に1回の更新があります。すでに受けている許可は、許可を受けた日から5年目の対応する日の前日をもって満了します。

 

いつが許可満了日となるかはとても大切なことですので、あらかじめ許可通知書で確認しておくことが必要です。

 

引き続き建設業を営む場合には、許可の有効期間満了日の「30日前まで」に、許可更新の手続きをしなければなりません。

 

この「30日前まで」というのは絶対的な要件ですので、この日までに更新手続きがとられない場合には、従来の許可は失効してしまうことになります。

 

実際にうっかりミスで許可更新を怠ってしまい、大切な許可が失効してしまったことで、取引先や下請業者にも多大な迷惑をかけ、また余分な時間と労力をかけて新規で許可取りなおしたという例もお聞きします。

 

また、許可更新にあたっては基本的に新規許可と同じ要件が求められるため、あらかじめ更新に向けた準備をしていかないと、「あと1週間では、待ち合わない!」といった危険な事態も起こりえます。

 

行政書士事務所ナデックは、建設業者様の許可更新の重要性に鑑み、スピーディーに確実に許可更新を受けていただくためのサポートに心がけております。

 

 

 

 

 許可更新のタイミング

 

なお、許可更新の受付は都道府県によって異なりますが、三重県の場合は大臣許可は許可満了日の3か月前、三重県知事許可は許可更新満了日の2か月前から受付となっています。

 

許可満了日が土曜日・日曜日・祝日などの行政庁の休日の場合でも、許可更新の手続きは許可満了日の「30日前まで」に行わなければなりません。

 

許可満了日までに許可の更新手続きをしている場合には、その間に有効期間が満了したとしても、許可または不許可の処分が下るまでは、従来の許可番号が有効となります。

 

三重県の建設業の許可更新のことでご不明なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

otoiawase