建設業許可の4つのメリット

メリット1

500万円以上の工事を受注できます!

建設業許可を取得すると、500万円以上の工事が受注できるようになります(建築一式工事では1,500万円以上)。

 

幅広い取引先から工事を受注することができるようになりますので、今まで以上に積極的な営業活動を行うことで、さらに積極的な経営を目指していくことが可能になります。

 

 

 

 

メリット2

元請業者からの信頼が高まります!

現代社会は、取引関係においてもコンプライアンス(法令順守)が厳し問われる世の中です。

 

公共工事においては建設業許可を取得している業者に対してしか工事が発注されませんが、民間工事でも現実的には建設業許可を取得した業者としか取引しないことも多く、建設業許可の有無が発注者が業者選定の判断基準となっているのが実際です。

 

許可を取得することで、元請企業も、下請企業も、安心して業務を発注することができ、対外的な信用が業務のさらなる拡大につながります。

 

 

 

 

メリット3

金融機関からの信用度が上がります!

建設業許可を取得するためには、かなり厳しい要件を満たさないといけません。建設業許可を持っていることで、建設業に関してしっかりとした基盤があるということを対外的にも信頼されることになります。

 
金融機関からの融資を申し込む際にも、建設業許可を取得していることが前提となっているケースも多く、開業時の資金調達を考える上でも許可取得は必須だといえます。
今後の金融機関との取引を円滑にしていくためにも、建設業許可を取得していくことはプラスに働くものです。

 

 

 

 

メリット4

公共工事参入へのチャンスがでてきます!

公共工事の元請業者となるためには、たとえ「軽微な工事」に該当する場合であっても建設業許可を取得しなければならず、公共工事への参入にあたっては許可取得が事実上の前提とされています。

 
三重県においても建設業許可を取得することで、大手ゼネコンや関連会社の現場に入れるようになり、実際に仕事の幅が広がるケースもあります。

 

 

 

 

otoiawase