経営業務管理責任者の要件をクリアしない場合は?

イラスト6三重県の建設業許可についてご相談を受けておりますと、毎日のように深刻なお悩みをお聞きすることになります。

 

社会保険の問題や決算変更届といった許可取得後のお悩みもありますが、やはり一番多いのは「建設業許可を取りたい」というものです。

 

最近では建設業の取引をめぐる目線も高くなってきていますから、請負金額や元請の有無に関わらず、建設業許可が必要だという方が多いのです。

 

私どものような専門家にご相談に来られる方の多くは、「そのままでは許可要件をクリアできない」という難しい案件です。

 

ご存じのように建設業許可には厳しい要件がありますから、それらをきっちりと満たさないと許可を受けることができません。

 

仮に許可申請時には要件を満たしたとしても、許可更新時に満たさない場合には更新ができないということもあります。

 

 

 

 
許可要件には、お金、ひと、その他のものがありますが、ネックになるのはほとんどの場合、「ひと」に関する要件です。

 
やはり、経営業務管理責任者と専任技術者の要件で悩まれるケースが多いものです。

 
なかでも、経営業務管理責任者の要件が厳しいという例が多いですね。

 
建設業許可のなかでも最も基本的で大切な要件ですから、ここで手詰まりになったら許可が下りることはまずありません。

 
基本的には「許可を受けようとする建設業に関し、5年以上経営業務の管理責任者としての経験があること」が要件になります。

 
これを申請者が証明することになりますが、役員経験が5年以上ある場合はともかく、そうでない場合は大変です。

 
個人事業主や経営業務の補佐経験を証明することになりますが、「これなら大丈夫」という特に決まったルールはありません。

 
さまざまな資料や客観的な状況によって個別に判断されることになりますから、相当な努力と労力が必要です

 

 

 

 
半年近くの準備期間と担当部署との折衝を重ねて、ようやく要件を認められたという例もあります。

 

逆に「5年くらい経験があるから大丈夫だろう」と甘く考えると、暗礁に乗り上げてしまいかねないのがこの要件です。

 

建設業許可のプロである私たちがお手伝いさせていただく真価が問われるのが、こういった場面でもあります。

 

客観的に要件を真正に満たしていることはいうまでもないことですが、その上で行政とのコミュニケーションや法律知識が求められます

 

日々、三重県の建設業のみなさんや行政とお付き合いし、さまざまな経験を持つ私たちにはそれ相応のノウハウがございます。

 

真摯に建設業許可を検討されているみなさんのお力になれたらと考えています。

 

 

 

otoiawase